カンジダとは デリケートゾーンのお悩み解決します!!

このサイトは
カンジダの症状は、カンジダについて正しく学び、女性の心と体の健康を守るためのサイトです。

もうこれ以上カンジダで悩まない!!5人に1人が経験アリ!

カンジダは性器や膣、口腔内に発症する感染症の一種です。性行為によって感染するケースが多く見られるため、性病の一種のように捉えられがちですが、実はそうではありません。カンジダになってしまったことで、人知れず悩んでいる方がいるかもしれませんが、ご安心ください。カンジダ菌は、実は健康な女性でも持っている常在菌。“腟カンジダ”は、疲れやストレスなど抵抗力が落ちることで発症する、女性であれば誰にでも起こる可能性のある病気です。女性の20%、実に5人に1人がカンジダの症状が出ていると言われていて、再発を繰り返しやすい病気としても知られています。

 

その為、カンジダを身近な病気として認識して頂き、これ以上悩まない様に正しい情報を得て、安全かつスピーディな対策を身に着けていきましょう。

カンジダは性病ではありません

カンジダは、腟の中にいるカンジダ菌が増殖し、いつもと違ったおりものや膣周辺のかゆみ等、女性にとってはデリケートゾーンでの不快な症状をおこす病気のことです。

カンジダ菌自体は、健康な女性でも皮膚や口の中、消化管、腟に存在している“常在菌”です。

それが、風邪や疲労、ストレス等、日常生活においての免疫力が低下した時、妊娠を契機に症状が現れることもあります。もしくはホルモンの変化等によって、腟の中でカンジダ菌が増殖して発症します。

女性の約20%が経験する女性にとっては身近な病気でもあります。

カンジダの症状について

女性特有の症状

女性の場合には、主に膣カンジダに感染するケースが多く、その症状としては、

  • ・腟およびその周辺のかゆみ
  • ・粘度の高い、白い、酒豆腐やカッテージチーズのような半固形状のおりもの
  • ・腟のヒリヒリ、痛み、熱感
  • ・腟の外部皮膚(外陰)の発疹や発赤
  • ・排尿時の痛み
  • ・性交渉(SEX)時の痛み

などがあります。

おりものに如実に現れますので、比較的自分で気づきやすいのが特徴です。

基本的には、患部周辺をきれいに洗浄して、清潔に保つことでカンジダを予防することができます。

男性の症状

男性の場合は、女性と比べて圧倒的に感染者数が少ない上に、強い自覚症状が現れないだけに、少々厄介です。感染箇所は男性器で、主に亀頭となるため、軽いかゆみやただれ、赤みを帯びて白いかすがでるようになったら要注意です。 また亀頭の表面に水泡があらわれたりもしますが、多くの男性が見過ごしてしまう様な小さな症状です。常に性器を監視していなければ気づかない病気です。

仮性包茎 の男性の場合には、亀頭と包皮の間にカンジダ菌が住み着いて増殖し、発症を繰り返す可能性が高くなっています。そのため、常に亀頭周辺をよく洗て清潔に保っておく必要があります。

口腔カンジダの症状

カンジダ症の中には口の中で感染する口腔カンジダという種類の病気もあります。大きく分けて2種類あり、先ず1つは、口腔内や唇、頬などに白い苔のようなものが現れます。

もっとも顕著なのが舌です。舌の表面に白い苔のようなものがあらわれますが、ガーゼなどにふき取るとさっととれるのが特徴です。苔状の物体がはがれた後には赤い斑点やただれが見られます。特に痛みは感じられないので、気がつかないままでいると、やがてその白い苔や赤い斑点が口いっぱいに広がってしまう恐れがあります。

もう1つは、口腔内の粘膜が赤く腫れ上がる症状があります。舌の器官が萎縮するため、一時的に味覚障害を発生したり、義歯を入れている場合には、その下部の粘膜に感染する可能性があります。こちらの萎縮性カンジダの場合には、一般的な口内炎と同様に、触れたり、熱いものを飲んだりしたときに痛みを覚えることがあります。日本では、その多くが前者である偽膜性カンジダへの感染者です。

放置しておくと、苔状のものがはがれやすくなり、肥厚性カンジダ症を引き起こす可能性もあります。

カンジダの治療方法

薬での治療が中心

膣カンジダの治療にはいくつかの方法があります。基本的には薬による治療が中心になりますが、亀頭の表面が患部となりやすい男性と違って、女性の場合には膣の内部が感染箇所となるため、軟膏などを塗布するのが難しくなります。カンジダの治療には用いるクリームや軟膏は市販薬にもありますが、できるかぎり病院に行って、膣内洗浄と投薬の両方を平行して行うとよいでしょう。

処方箋&薬局で購入

病院で処方される薬や薬局でもカンジダ用の軟膏や膣錠を購入できます。

人気なのはエンペシドがカンジダ症のランキングで常に上位に入っています。2,000円前後で、比較的高額になっています。安く購入するのでしたら、エンペシドと同じ成分のジェネリック薬であるカーネステンもあり、こちらの方が安価で購入できるのでオススメです。

通販で購入する

カンジダの治療薬として処方される薬の中で、日本で認可されている「エンペシド」がもっとポピュラーです。このエンペシドと同じ効果を得られ、更に安価で購入できるジェネリック薬が「カーネステン」です。こちらは今現在日本の厚生労働省で認可されていないため、購入する場合は、「個人輸入業者から買う」ことになります。そのため、パッケージや説明書などはその国の言葉で書かれていることが多いですが、成分は国内で医師に処方してもらうエンペシドと同一です。

通販の利点は、「ジェネリック薬の為、安価で購入できる」「通院の手間が省ける」「サイトによってはまとめ買いも可」など、いろいろあります。買い物の仕方は、普通の通販と全く変わりません。安心して買うことが出来ます。

市販で買えるオススメの薬

市販の薬を活用して症状を抑えるのも手です。市販の薬の中にも、自分の症状に合致した軟膏やクリームが存在しています。一度、感染した経験がある患者さんであれば、急な発作に備えて、市販の軟膏をひとつ、常備しておいた方がよいかもしれません。

代表的なカンジダに利く市販薬には、「メンソレータムフレディCCクリーム」「メディトリートクリーム」などがあります。そのどちらもドラッグストアで簡単に入手ができて、男女関係なく使用することができます。

以前は、病院が処方箋を発行しない限り購入することができなかった薬が数年前の規制緩和によって購入が可能となり、大変便利になりました。この手の薬を「スイッチOTC薬」と呼びます。もちろん、薬剤師の資格を保有する販売員がいなければ、「スイッチOTC薬」を販売することはできず、カウンター越しに簡単な説明を行うことが義務づけられています。そのため、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでは販売されていません。比較的副作用が少なく、安心して利用できる薬ですカンジダが再発した場合には、効果の高い「スイッチOTC薬」を購入して治療にあたるとよいでしょう。

通販で買えるオススメの薬

もっともポピュラーなカンジダ治療薬で、効果の高い薬として知られているエンペシドが有名です。国内で水虫やカンジダで処方される外用薬であるエンペシドですが、オススメしたいのは海外向けのジェネリック薬カーネステンです。

カーネステンは、副作用が非常に起きにくい薬と言われています。カーネステンクリームは、手軽に幹部に塗布することができる軟膏なので、エンペシドと同等の効果があり、ジェネリックなので他の抗真菌薬と比べても安価で購入することができます。

しかし、オリジナルのエンペシドは日本の厚生労働省の認可が降りていますが、このカーネステンは、日本では認可が降りていません。もし購入するのなら、インターネットの通販などを介して手軽に手に入りますので、病院に行くことなく容易に購入することが可能となっています。

再発してしまった場合の療法

膣カンジダに感染した女性の約半数が再発を経験しています。カンジダ菌は体内に潜んでいる常在菌の一種なので、体調を崩して免疫力が低下したり、ホルモンバランスが崩れた時を狙って患部に発症します。一度キャリアになって、完治しないまま放っておくと、必ずと言っていいほど再発するという恐ろしい病気です。まずは健康的な生活を送って免疫力を上げてカンジダ菌の繁殖を防ぐべきです。ヨーグルトを食べると免疫力があがるという話もあります。健康的な食品として注目を集めているので、食べてみるのも良いかもしれません。

清潔を保つために、こまめに下着は交換し、洗濯した後にはしっかり乾燥させてください。カンジダ菌は湿気を好みます。性器を洗うときには刺激を避けるため、あまり強く石鹸で洗うことは避けましょう。

カーネステンクリーム

カーネステンクリーム

カンジダ治療にはカーネステンクリームがオススメです。
手軽に塗れるクリームタイプですので安全性も効果も抜群!

7箱セット:15,960円5,704円

まとめ買いで60%以上割引に!ジェネリック薬カーネステンはとにかく安い!
効果も抜群で安全性も非常に高く安心してカンジダ治療にご使用頂けます。

カンジダ治療薬の使い方

膣錠を1週間~10日間使用します。もしかゆみがひどいようでしたら、クリームタイプの軟膏を、幹部に塗布してください。

男性の場合は患部に軟膏やクリームを塗布して治療を行います。比較的、治癒までの期間も短く、治療を始めてから3~4日で完治する人もいます。ただし、男性の場合は自覚症状が軽すぎるため、直ったかどうかの判断がつきづらいという問題があります。

カンジダの感染原因

性交渉による感染だけではない

カンジダという真菌はカビの1種で元々多くの女性の膣内にいる常在菌です。その量が少なければ問題ありませんが、異常に増殖すると膣カンジダ症(カンジダ膣炎症ともいう)を起こします。

原因の1つは、性交渉で、感染者から菌を大量に移された場合です。
もうひつは、本人の抵抗力が落ちた場合で、おとなしくしていた菌が活性化してしまい増殖を繰り返す場合です。

免疫力が低下していたり、抗生物質やステロイド剤を服用していたり、妊娠中や糖尿病にかかった場合は発症しやすいので注意が必要です。

もし発症してしまったら

発症原因が性交渉だけとは限りませんが、疑わしい時はパートナーの治療も必要になります。男性がカンジダになっている場合は、軽い排尿痛やかゆみがあるだけなので、女性と比べて非常に気づくにくくなっています。その為、もしパートナーにカンジダの可能性があるなら、女性の方から教えてあげましょう。

通販で買えるオススメのカンジダ治療薬

はじめてお薬を購入する方へ
はじめてカンジダ治療薬を購入する方には、カーネステンクリームカーネステン膣錠をセット購入がオススメです。
カーネステンは、副作用が非常に少ない病院等で処方されるエンペシドのジェネリック薬品なので、安価で購入でき効果も同じです。多めに購入しておくことで、急な発症にも早期治療ができるため、症状も早く治ります。ご自宅に常備しておくことをオススメします♪