カンジダの感染原因 意外な事実をご紹介!

このページでは、カンジダの感染原因について解説していきます。
カンジダ自体はほとんど女性が体内にもつ常在菌です。しかし、カンジダ膣炎の時に性行為を行うと男性にも感染る可能性はあります。しかし、患者数全体の1割にも満たないと言われています。詳細な感染原因について、詳しく説明致します。

性交渉による感染は少ない

性器周辺にかゆみを覚え、女性なら半固形上のおりものが増えるなどの症状が現れるカンジダ症。セックスやオーラルセックスなどの性交渉によってパートナーに感染するため、どうしても梅毒や淋病などと同様の性病だと思いこんでいる人も多いようですが実は違います。実は性行為による感染は、患者数全体の1割にも満たないのです。 とはいえ、患部と直接ふれあえば感染するリスクは一気に高まります。多くの女性感染者は、膣内にカンジダ菌を保有しているので、そこに挿入されたペニスに付着する可能性はかなり高くなっています。コンドームを装着して、直接患部に触れなければ感染が免れます。そのため避妊具の利用は必須といえます。男性器の場合には女性と違って、外にでているため、性行為の後にすぐにペニスを洗い流して清潔にしておけば、感染リスクはかなり低減されます。

カンジダになる感染原因とは

先ほど、性行為によるカンジダ感染は全体の1割程度と説明しました。では、残りの大多数、9割は何によって感染するかというと、それは自己感染といわれる範疇に入ります。自己感染というのは文字通り、自分から感染するというものです。どういうことかというと、カンジダ菌は、多くの人たちの身体の中に潜んでいる常在菌の一種です。これが体調の不良による免疫力の低下や女性のホルモンバランスの低下によって、身体がカンジダ菌に対する抵抗力を失い、症状が現れるのです。

意外な感染経路

また、家族間での感染も少なからずあります。それはタオルの共用により発生します。カンジダ菌のキャリアが使ったタオルをすぐに使い回し、その手で性器をいじったりすると感染する可能性があります。家族の誰かが自分がカンジダのキャリアであることをカミングアウトしてくれるのならばいいのです、なかなかそうはいかず、どうしても隠してしまいます。そうすると、知らず知らずのうちにタオルを介して家族全体に感染する可能性もあります。それを避けるためには、こまめにタオルを交換して、選択したものを使用した方がよいでしょう。

お風呂やプールでは感染しない

ちなみにお風呂やプールで感染することはありません。ですから一緒に入浴したり、不特定多数の人と一緒にプールで泳いでも心配ありません。ただし、座薬を使用しての治療中にお風呂に入ると、錠剤がこぼれ落ちて周囲に迷惑がかかる可能性があるため、挿入中の入浴は避けるべきでしょう。

免疫力はどんな時に低下する?

自分の免疫力が低下したときに発症しやすいというカンジダ。では、どのような状態になったときに人の免疫力が落ちてしまうのでしょうか。まず考えられるのが、身体的な披露やストレスの増加です。長時間勤務を強いられたり、体調が悪いのにも関わらずに無理をして出かけたりすれば、免疫力は確実に低下します。また、過度なストレスにさらされていると、心も体も不調を来します。ストレスは現代人にとっての万病の元とされています。現に、ストレスが原因となる心因的な病気は数多くあります。
ストレスの原因のほとんどが、対人関係によるものという調査結果があります。したがって会社に勤めているOLやサラリーマンの方は要注意。免疫力が低下し、体内に潜んでいたカンジダ菌が増殖。カンジダ症の諸症状を引き起こします。

抗生物質や糖尿病がカンジダを引きをこす

また、抗生物質の乱用もカンジダの発症を引き起こすリスクを高めています。抗生物質には、身体の中の悪い菌の増殖を抑えるはたらきがあるため、病気の治療に用いられるのですが、実は同時に良い菌の増殖も抑えてしまいます。そのため、良い菌が高めるはずの免疫力が低下し、カンジダ菌の増殖を促進してしまうのです。糖尿病患者もまた、カンジダの自己感染を引き起こしやすくなります。糖尿病は血管や肝臓など、体内の機能を著しく低下させてしまう恐ろしい病気です。身体の免疫力を一気に低下させ、カンジダ菌が繁殖しやすい環境を体内に作ってしまいます。

不規則な生活も危険!

不規則な生活を送っていると、免疫力が低下します。遅くまで起きていて睡眠不足が続けば体調が悪くなって、カンジダ菌が増殖します。規則ただしく健康的な生活を送ることが何よりも大切です。そういった意味でも、カンジダは再発を繰り返す可能性が高い病気です。

再発しやすいカンジダ症

多くの女性がカンジダ菌を保有していいて、それ自体は問題がなくても、上記のような免疫力の低下に伴い、何度も発症を繰り返していきます。完治しないままに性行為を介して大切なパートナーに感染させてしまったりする可能性もある恐ろしい病気です。やはり、医療機関でしっかり検査をしてもらって治療を行うべきですし、再発しないよう、生活習慣を見直すこと。心配な場合には治療薬を常備して、急なかゆみや発作に備えた方が良いでしょう。
市販薬は、薬剤師がいる薬局で購入が可能です。膣カンジダ用の錠剤薬から塗り薬、クリームまでいくつかの種類があります。症状や患部、目的によって最適な薬が変わってくるので、再発した患者さんは、当時のことを思い出すか、お薬手帳で確認しておいたほうが良いでしょう。

手軽に使えるクリーム
カーネステンクリームの通販
カーネステンクリーム
カーネステンクリームは副作用が非常に少なく、クリームタイプなので患部に塗布するだけと、手軽に扱え効果も非常に高く、ジェネリック薬品なので安価に購入できます。