カーネステンクリーム(エンペシドクリーム)の副作用

カーネステンクリームの副作用について解説していきます。
エンペシと同成分のカーネステンは、非常に副作用が少ないと言われています。幹部に塗布する特にクリームタイプは、塗布する部分のみと局部的になります。カーネステンクリームの副作用について、詳しく説明致します。

再発の時には市販の薬で治療可能

患部である陰部や、その周辺に激しいかゆみを引き起こすカンジダ症。一度、カンジダ菌に感染して発作を起こした場合、約半数の方が再発しているといいます。
もちろん、医療機関で治療をするのがベストですが、働いているとなかなか時間をとることが難しく、どうしても足が遠のいてしまいがちです。実は初診でなければ、自宅での治療も可能です。前回の症状と変わりなく、カンジダ感染が間違いない場合には、市販の治療薬を購入して治療を進めてみましょう。

副作用が少ないカーネステンクリーム

手軽に患部に塗布するクリーム、軟膏タイプの薬ならば、扱いもしやすく、多くの方が利用しています。この軟膏タイプの薬には、いくつかの種類がありますが、最もポピュラーな薬として、信頼を集めているのが、カーネステンクリームでしょう。
このカーネステンクリームは、比較的安全性が高く、なおかつ効果の高い薬として知られていますが、副作用もいくつか報告されています。代表的なものとして、患部に刺激を感じたり、皮膚炎や赤みやかゆみを引き起こしたり、多少の皮膚のただれや発疹などの副作用を自覚する人がいますが、かなりの少数です。副作用を実感しているのは利用者全体のわずか2%未満。まったく心配ないレベルといってもいいでしょう。他の薬と見比べてみても、これほどまでに副作用の報告が少ない薬は他にないものと思われます。

代表的な副作用

※下記の症状がもし現れたら、直ちに使用を中止して下さい

0.1~ 5 %未満 0.1%未満
皮膚 局所の刺激感,皮膚 炎,発赤・紅斑 びらん,丘疹

副作用の発症率は製薬会社の調査結果によると
調査症例6,849例中131例(1.91%)
主な副作用は,刺激感(0.80%),皮膚炎(0.51%),発赤・紅斑(0.48%),びらん(0.06%),丘疹(0.04%)等
《承認時~1978年9月までの集計》

参考資料:バイエル薬品株式会社 エンペシドクリーム1%

カーネステンの副作用は局部的

このカーネステンクリームは、カンジダ症の原因となる真菌=カビにだけ直接ピンポイントで作用する薬です。飲み薬として服用するわけではなく、ましてや体全身に投与するものでもありません。限定された患部に直接塗るだけなので、副作用が発生するといっても局所的なものにとどまります。
また、真菌にだけ作用するため、人体への影響はほとんどなく、個人差によっては多少の副作用が認められるものの、そのどれもが重篤な症状にはならないことがわかっています。しかもたとえ副作用が現れても、カーネステンクリーム使用を中止すれば、自然と収まっていきます収まっていくものです。それでもヒリヒリしたり、患部が熱を帯びたり、発疹を起こすような状態が長続きするようであれば、いったんクリーム塗布による治療はストップし、最寄りの病院で医師に相談すべきでしょう。カンジダについて相談するには、婦人科や産科、泌尿器科がある総合病院か、クリニックを訪れましょう。

妊産婦使用の注意点と副作用の再発

副作用が少ないことで知られるカーネステンクリームですが、妊産婦、授乳中の女性は念のため、医師に相談した上で塗布するのが望ましいです。もちろん、あくまで軟膏なので、直接患部に作用して、カンジダの原因となる真菌だけを攻撃し、身体の他の部分まで影響を与えることはありません。しかし、念には念を入れて、生まれくる赤ちゃんの健康を守るべきでしょう。
カンジダは、一度完治したと思っても、再発を繰り返す病気です。これは体内に潜むカンジダ菌が、何かのきっかけで爆発し、増殖した上で発作を引き起こすからです。副作用もまた、体質的に再発する恐れがあります。前回の治療時に副作用が認められた場合、必ずと言っていいほど再び副作用を引き起こします。重度でなければ心配はありませんが、心配な場合には医師に相談しておきましょう。

他の薬との併用は?

カーネステンクリームの使用時に、他の薬との併用については多少の注意が必要です。もちろん、重大な健康被害を引き起こす可能性はありませんが、カーネルクリームそのものの効果を下げてしまう可能性があります。他のクリーム薬や軟膏と平行して使用する際には、約4時間ほどあけてから使用するようにしましょう。
もちろん、体質によってはまれに想定外の副作用が引き起こされる可能性があります。そのときには速やかに医療機関を訪れてください。

手軽に使えるクリーム
カーネステンクリームの通販
カーネステンクリーム
カーネステンクリームは副作用が非常に少なく、クリームタイプなので患部に塗布するだけと、手軽に扱え効果も非常に高く、ジェネリック薬品なので安価に購入できます。