カーネステン膣錠の効果 カンジダ真菌を死滅させる

このページでは、カーネステン膣錠の効果について解説していきます。
日本国内で処方されるエンペシドと同じ効果を発揮し、原因となるカンジダ真菌を死滅させる効果があります。エンペシドのジェネリック薬品となるため安価で購入することができます。カーネステン膣錠効果について、詳しく説明致します。

カーネステン膣錠は安価なジェネリック薬

副作用が少なく、安全に使用できるカーネステンは、カンジダを再発した患者さんにとっては非常に心強い存在と言えます。カーネステンには錠剤のものとクリームタイプのものが存在しますが、女性の悩みの種である膣カンジダの治療には主に錠剤のものが使用されます。カーネステンは、実は現在、日本では認可が下りていないのですが、効果の高い薬として知られているエンペシドのジェネリック薬です。ジェネリック薬品とは、オリジナルの薬の特許期限が切れたことで、製造できるようになった薬のこと。オリジナルとまったく同じ成分配合で、まったく同じ効果が期待できるのも関わらず、価格が安いということで、海外では非常にポピュラーなものになっています。
カーネステンは、日本では厚生労働省の認可が降りていませんが、オリジナルのエンペシドは認可が降りています。そのためカーネステンの錠剤薬をインターネットの通販などを利用すれば、安価に購入して使用することができます。

カーネステンが効果を発揮するメカニズム

カーネステンはカンジダ症の原因であるカンジダ真菌=カビを死滅させる働きを持っています。カンジダ真菌が増殖する段階で働きかけ、細胞膜が作れないようにして菌を死滅させます。主成分であるクロトリマゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、身体に優しいうえ、効果が高い成分です。しかも即効性があるため、とてもスピーディーに確実に患部に作用します。オリジナルのエンペシドは多くの医療機関で採用され、多くの実績を持つ薬であるため、そのジェネリック薬品であるカーネステンも非常に安心し利用することができます。
カーネステンは非常に殺菌力の強い薬です。多くの女性が悩みを抱えている膣カンジダの治療の際に力を発揮します。この膣カンジダの源信となる真菌は身体のどこかに潜んでいて、免疫力が落ちたりホルモンバランスが変化した際に爆発して発症します。女性の場合には膣の中に潜んでいて、何かのきっかけで増殖してしまうケースがほとんどです。そのため膣内にカーネステンの錠剤を挿入します。膣の中に納まったカーネステンがそこで溶け出して発泡し、膣内すべてにいきわたり、生息しているカンジダ菌に直接作用します。膣カンジダへの感染と同時に、外陰部など、周辺部位にも感染している可能性が高いため、カーネステンクリームと併用して治療に当たるのが一般的です。
このカーネステンクリームも錠剤同様、エンペシドクリームのジェネリックとして同等の評価を受けている薬ですので、安心して使用することができます。

再発時の治療に便利なカーネステン膣錠

カンジダが再発した場合には通院ではなく、市販の薬を使用しながら自宅療法も可能です。カーネステン錠はでインターネット通販で入手できるため、仕事が忙しくて通院できないビジネスパーソンには大変、有益な手段です。しかし、これは再発した患者に限ります。なぜなら、その自覚症状がカンジダかどうか判断ができないからです。初診の場合には、必ず病院に行って医師の診断を仰ぐべきでしょう。ただしく病状を掌握した上で、正しい治療法を施すことが早期治療への近道となることは間違いありません。
ちなみに膣に挿入するタイプの薬は、生理中には使用できません。なぜなら、錠剤のカンジダ治療薬は膣内で発砲しながら、全体に行き渡らせるのですが、生理中には有効成分が経血と一緒に流れ出る恐れがあるからです。
カーネステン錠を使用しながら、自宅で治療を進める場合には、日頃の予防対策も必要です。とにかく患部を清潔にしておくのが鉄則です。風通しをよくして、じめじめ湿っぽい環境にしないことです。不潔で湿っぽい環境下でカンジダ菌は繁殖します。再発を繰り返さないよう、万全の態勢で自宅療法に臨みましょう。

坐剤で中から治す
カーネステン膣錠の通販
カーネステン膣錠
カーネステン膣錠は副作用が非常に少なく、膣内のカンジダ菌を直接殺菌していきます。坐剤ですので膣内洗浄とともに処方していくと更に効果が高まります。ジェネリック薬品なので安価に購入できます。