カーネステン膣錠の使い方を説明

このページでは、ピカーネステン膣錠の使い方について解説していきます。
カーネステン膣錠はカンジダ治療に力を発揮し、膣内洗浄と平行して行うことで、より早く症状が改善していきます。膣内に挿入する坐剤ですので、その詳しい使い方や注意事項について、詳しく説明致します。

膣内に挿入して使用するカーネステン膣錠

もっともポピュラーな治療薬であるカーネステン膣錠は比較的、副作用の心配もなく、安全に使用できる薬として、たくさんのカンジダ感染者から支持を集めています。日本で認可が下りているエンペシド膣錠のジェネリック薬品です。ジェネリック薬品とは、特許が切れたことで、他の製薬会社も製造ができるようになった薬のこと。日本ではまだ浸透はしていませんが、海外ではすっかりポピュラーな存在になっています。成分はオリジナルの薬と効果は同じであり、そのうえで価格が安いのですから、自宅療法にはうってつけの薬と言えます。
カーネステン膣錠は膣の内部に挿入することで効果を発揮する治療薬です。カンジダの原因はカンジダ真菌というカビの一種で、この菌が膣の内部で増殖することで発生する病気です。このカーネステン膣錠を挿入すれば、そこで発泡した薬剤が拡散。膣の隅々にまで効果がいきわたるという仕組みになっています。膣内に挿入するといっても、それほど大きなものではないので、抵抗を感じることはありません。

カーネステン膣錠の具体的な挿入手順

まずは、使用前に手の指をしっかり綺麗に洗います。洗った手は良く拭いて乾燥させておいた方が良いです。なぜかといえば、このカーネステン膣錠は湿気を吸って崩れてしまう可能性があるからです。包材から薬を優しく取り出して準備します。下着は脱いで中腰になり、錠剤の尖った方からゆっくり差し込んでいきます。錠剤を人差し指と中指で挟んでつまみながら挿入するか、あるいは人差し指の頭にのせて膣の中へとゆっくりうずめていきます。
お分かりの通り、座薬と言っても肛門に挿入するものではありません。カンジダ症の男性は間違っても肛門に挿入しないように。これは、女性のためだけの膣内挿入専用の治療薬となります。

1日1回1錠を膣深部に挿入

基本的には1日に1回、一錠を膣の最深部に挿入します。一般的には6日間継続して使用し、治癒状況次第では期間を延長してください。

挿入時は、やはりお風呂上り、陰部が清潔になっている状態で挿入して睡眠に入るのが理想です。挿入後、稀に押し戻されてしまう可能性もあるので、おりものシートなどを当てて寝ると良いでしょう。生理中の使用は避けた方が無難です。血液とともにカーネステンの成分が外に流れ落ちてしまう可能性があるからです。せっかく苦労して挿入しても効果が表れない可能性もあるので注意が必要です。もしも使用期間中に生理になってしまったら即刻使用を中止。生理が終わったら再び使用を開始すると良いでしょう。

余った分は再発時の常備薬に

カーネステン膣錠には使用期限か明確に決まっていますので、使用期限内であれば再度、治療を開始することも可能です。もし錠剤が余ったら、常備薬として自宅で保管しておきましょう。カンジダが再発した際には、早期使用することで早く治ります。また自宅での治療の場合、薬を使用すると同時にカンジダ真菌を増やさない工夫も必要です。特にじめじめした季節や要注意。カビ菌の一種なので、湿気っぽく不潔な環境を好んで増殖します。患部をよく洗って清潔を保ち、通気性のある下着や洋服を着用したほうがよいでしょう。

カンジダ治療に力を発揮するカーネステン膣錠

性器や膣、口腔内に発症する感染症の一種でるカンジダ。性病の一種と勘違いされますが、そうではなく、体内に潜むカンジダ菌が免疫力が弱った身体の中で増殖して発症する病気です。再発を繰り返す可能性の高い感染症で、膣内で増殖することが多く、女性ホルモンの変化などが影響するため、女性の20%が経験するという、女性特有の病気です。
完治しないままに放置していたり、自覚症状がないからといって、パートナーと性行為を行っていたりすると、いつまでも直らずに再発を繰り返すようになります。再発した場合には、ジェネリック薬品などを使用して自宅療法も可能です。特に、膣カンジダを患った場合、何度も通院するのは心理的なストレスを感じる可能性もあります。初診の際と同じような症状であれば、それはカンジダ症を再発した可能性がありますので、薬を入手して自宅療法にトライしてみても良いでしょう。

坐剤で中から治す
カーネステン膣錠の通販
カーネステン膣錠
カーネステン膣錠は副作用が非常に少なく、膣内のカンジダ菌を直接殺菌していきます。坐剤ですので膣内洗浄とともに処方していくと更に効果が高まります。ジェネリック薬品なので安価に購入できます。