カーネステン膣錠の副作用

このページでは、カーネステン膣錠の副作用について解説していきます。
カーネステン膣錠はエンペシド同様に非常に副作用が少ない薬と言われています。しかしながら、クリームと比べて膣内に入れる薬ですので注意事項とともに副作用について、詳しく説明致します。

膣カンジダ治療に用いられるカーネステン膣錠

多くの女性が抱えているカンジダ症の悩み。膣の内部がかゆくなったり、大量のおりものが発生したりと、大変不快な思いに悩まされます。また、このカンジダ症は再発の可能性が大きいことでも知られています。カンジダは体内、特に皮膚や口腔、膣や性器に寄生している真菌=カビの一種が増殖して発症します。その真菌が、“常在菌”として体の奥底に潜み、肉体的疲労やストレスが原因となって身体が弱って免疫が低下している際に発症します。
ステロイド剤や抗生物質を乱用したり、妊娠を契機に症状が現れることもあります。女性の患者が多く、約20%女性がカンジダ菌を保有しているといわれ、発症した自覚のある女性患者の約半数の方が再発しているといいます。
カンジダ症にはいくつかの種類がありますが、もっともポピュラーなのが、膣内でカンジダ菌が増殖する膣カンジダです。この女性特有のお悩みには主に錠剤の治療薬が使用されます。カンジダの代表的な治療薬として知られるカーネステンは非常に殺菌力の強い薬ですが、同時に副作用がほとんどないことで知られています。
カーネステンは、現在、日本では認可が下りていないのですが、効果の高い薬として知られているエンペシドのジェネリック薬です。ジェネリック薬品は、オリジナルの薬の特許期限が切れたことで、製造できるようになった薬のことで、オリジナルとまったく同じ効果が期待できるのも関わらず、価格が安い、非常に優れた薬です。

副作用が少ないカーネステン膣錠

このカーネステンが評価を集める理由の一つに安全性があります。他の感染症の治療薬に比べて、圧倒的に副作用が少ないことがわかっています。もちろん、医療機関で治療をするのがベストですが、働いていてなかなか時間をとることが難しく、どうしても足が遠のいてしまのであれば、こうしたジェネリック薬品の活用をお勧めしています。副作用が少ないカーネステン膣錠は、初診ではない再発した場合の治療に欠かせないものです。インターネット通販で購入し、自宅で手軽に治療をすることが可能です。ところが、インターネットを介して、個人輸入のサイトから購入すると、時々、使用上の注意書きが添付されていない場合もあるので、副作用が心配な場合には、しっかり医師の説明を受けておいたほうが良いでしょう。
副作用が少ないことで知られるカーネステン膣錠ですが、多少の副作用例もいくつか報告されています。代表的なものとして、患部での熱感やかゆみ、発赤、痛み、発疹などがあげられますが、かなりの少数です。他の薬と見比べてみても、これほどまでに副作用の報告が少ない薬は見当たりません。もしも上記のような症状が長引くようであれば、医師の見解を求めるべきでしょう。使用時にはいくつかの注意点があります。妊産婦、授乳中の女性は念のため、医師に相談した上で使用するのが望ましいでしょう。

副作用以外に注意すべき点

カーネステン膣錠の使用時に、他の薬との併用については多少の注意が必要です。もちろん、重大な健康被害を引き起こす可能性はありませんが、効果を下げてしまう可能性があります。また、体質によってはまれに想定外の副作用が引き起こされる可能性があります。例えばアレルギーを持っている人や、他の病気で病院通いをしていたり、薬物治療を進めている人がこれに該当します。カーネステン膣錠を使用していることで、何らかの身体的な変化が見られた時には、即刻、使用を中止して、速やかに医療機関を訪れてください。医師に相談する際には、どのような薬をいつから使用しているのかをきちんと説明すべきでしょう。通院も必要になるかもしれませんが、やはり副作用は身体の他の器官への影響も考えられますので、細心の注意が必要です。

坐剤で中から治す
カーネステン膣錠の通販
カーネステン膣錠
カーネステン膣錠は副作用が非常に少なく、膣内のカンジダ菌を直接殺菌していきます。坐剤ですので膣内洗浄とともに処方していくと更に効果が高まります。ジェネリック薬品なので安価に購入できます。