カンジダに効く市販薬 - 効果とオススメの薬は?

カンジダに効果的な薬はいくつかあります。病院で処方される医療用医薬品が、一番効果的となります。カンジダの症状が出たら、すぐに病院で診察してもらい薬を処方してもらうのが、一番早くカンジダを治す方法ですが、日々忙しい方だと病院に行くことさえ難しいのではないでしょうか。そういう方には、ドラッグストアで手軽に購入可能な市販薬を用いたカンジダ治療がオススメです。このページでは、市販薬の中でも比較的効果が高いと言われているカンジダ治療薬を紹介していきます。

カーネステン膣錠

カーネステン膣錠

膣カンジダ症の治療にはカーネステン膣錠がオススメです。どんな場面でも使用できる、膣カンジダの治療に必須のお薬です。

1箱6錠:1,980円

膣内で感染したカンジダ真菌を死滅させる効果があり、膣カンジダの治療に欠かせない効果的な膣錠です。

評価:4.1
内容量:1箱に6錠
製造元:バイエル
主成分:クロトリマゾール(Clotrimazole)
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
在庫:あり
本日注文すると最短で11月27日(月)に届きます。

カンジダに効く薬

カンジダ治療に効果的な薬は、やはり医療機関で処方してもらえる「医療用医薬品」と呼ばれる薬です。これらの薬は、ドラッグストアで購入可能な「一般用医薬品」と異なり、医療機関を受診して医師からの処方箋が必要な薬となり、処方箋医薬品に分類されています。医師が患者の状況と症状に合った薬を処方してくれるため、効果が高いものがほとんどです。しかし、ドラッグストアで購入できる薬は、専門知識が無い一般の人が自ら薬を選んで購入するため、安全面を第一として薬が作られている分、比較的効果は抑えめとなっています。

有名な薬カンジダ治療薬

薬品名 主成分 製薬会社
エンペシド クロトリマゾール バイエル薬品株式会社
フロリード ミコナゾール硝酸塩 持田製薬株式会社
アダスタン イコナゾール硝酸塩 バイエル薬品株式会社
ジフルカン フルコナゾール ファイザー株式会社
オキナゾール オキシコナゾール硝酸塩 田辺三菱製薬株式会社

上記の薬が日本で処方されています。一番歴史が古いのは、エンペシドです。1970年代に承認されて以降、エンペシドは、主成分がクロトリマゾールで、カンジダの治療だけでなく、水虫やいんきんたむしと呼ばれる「白癬」などに用いられています。その後、ジェネリックとして後発医薬品も各社から販売されています。

カンジダを早く治すために

1日でも早くカンジダを治したいというのであれば、医師の診察を受けてから処方してもらう薬で治療に当たるのが、一番早く完治できる方法です。しかし、忙しい方や住んでいる地域や環境によって、すぐに医療機関に行けないという方も多いのではないでしょうか?その場合、ドラッグストアで販売している市販薬を使って治療しているかと思います。処方箋医薬品よりは効果は抑えめになりますが、中には効果が高い薬も販売されています。市販薬の中から、オススメの薬を紹介していきます。

カンジダ症に効くオススメの市販薬

ドラッグストアで手軽に購入でき、カンジダの治療に効果的な市販薬を紹介していきます。第一類医薬品に指定されている薬が殆どのため、購入する場合は薬剤師からの説明が義務付けられています。そのため、薬剤師が不在の場合は購入できません。

クリームなどの軟膏タイプは皮膚に塗る薬の為、粘膜内には塗布できません。その為、もしカンジダが膣内にも症状が出ている場合は、座剤(膣錠)タイプの薬と併用して治療に当たります。生理中の女性は、カンジダ治療薬の使用はできません。治療中に生理になってしまった場合は、一旦使用を中止して、生理が終わってから使用を開始して下さい。

軟膏(クリーム)タイプの薬

ドラッグストアで購入可能な市販されている薬の中から、オススメのクリームタイプの薬を紹介していきます。クリームや軟膏を膣内の粘膜に塗ってはいけません。また、患部を触った指は、薬を塗り終わったらキレイに洗いましょう。指にカンジダ菌が付着している可能性があります。他の人に感染させない為にも、しっかりと石けんで洗いましょう。

メディトリートクリーム 大正製薬

値段:900円〜1,300円
有効成分:ミコナゾール硝酸塩
特徴と使い方
クリームタイプのため、患部に塗って使用します。カンジダの症状が出ている患部に1日2〜3回直接塗るの使用で6日間使用します。かゆみが無くなれば、使用を終了して下さい。
15歳未満や60才以上の方は使用しないで下さい。女性で膣内部に症状が出ている場合は、坐剤(膣錠)とともに併用して治療に当たります。

メンソレータムフレディCCクリーム ロート製薬

値段:1,000円〜1,350円
有効成分:イソコナゾール硝酸塩
特徴と使い方
15〜60歳までの成人で、1日2〜3回適量を患部に塗って使用して下さい。3日〜6日間使用しても症状の改善がみられない場合は、医師の診察を受けて下さい。

膣錠タイプの薬

坐剤タイプの膣錠は、女性の膣内のカンジダ症を治療するための薬です。使い方の注意点としては、入浴前に膣錠を挿入すると、薬が溶ける前に外に出てしまう可能性がありますので、入浴後に薬を挿入するようにしましょう。また、薬を使う前は、患部をぬるま湯で洗ってから、指を石けんでキレイに洗ってから挿入しましょう。入れる位置が浅い場合、外に出てきてしまうため、なるべく奥の深いに所まで入れて下さい。挿入後は、患部を触った指は、キレイに石けんで洗って下さい。指にカンジダ菌が付着している可能性がありますので、くれぐれも注意して下さい。

エンペシドL 佐藤製薬

値段:約3,050円
有効成分:クロトリマゾール
特徴と使い方
成人(15歳以上〜60歳未満)1日1回、できれば就寝前に使用。1錠を腟深部に挿入する。6日間毎日続けて使う事。できれば、入浴後に使用してし下さい。

フェミニーナ膣カンジダ錠 小林製薬

値段:2,200円〜2,700円
有効成分:オキシコナゾール硝酸塩
特徴と使い方
1日1回1錠を、膣深部に挿入して使用します。就寝前の挿入を推奨しています。外陰部に、カンジダ治療用のクリームや軟膏以外の外皮用薬との併用はしては行けません。カンジダ用のクリームのみと併用して下さい。
15歳未満または60歳以上は使用禁止です。

メディトリート 大正製薬

値段:2,000円〜2,500円
有効成分:ミコナゾール硝酸塩
特徴と使い方
就寝前に1日1回1錠を、膣深部に挿入して使用します。毎日1錠の使用で6日間使用して下さい。体温で溶ける為、速やかに有効成分が広がっていきます。

ドラッグストアで薬を買う前の注意点

カンジダの治療を市販薬で行う場合は、基本的に「再発時」とされています。初めて発症する場合は、カンジダ症と断定できない為、全く違う病気の可能性もあります。おりものに変化があらわれる病気に、クラミジアがあります。こちらも性感染症の1種で、コンドームをつけない性行為から感染します。おりものの増加や性器のかゆみや、性交時に痛みを伴う場合は、クラミジアの可能性があります。その為、初めてカンジダの症状が出た場合は、念のため病院行って医師の診察を受けた方が確実です。

再発に備えて

一度医師の診察を受けておけば、カンジダが再発した場合も他の病気と区別が付くため、速やかに治療に入れます。その場合は、医師の診察を受けて、処方してもらう薬で治療に当たるのが理想ですが、手軽にドラッグストアから買える市販薬で治療に当たっている方もたくさんいます。また、医薬法の改定により、第一類医薬品を通販サイトから購入できるようになり、ドラッグストアに行かなくても購入できるようになりました。Amazonや楽天でも購入できますし、製薬会社のHPから買うことも可能になりました。

薬を購入する前に知っておきたいこと

上記で紹介しているカンジダ治療の市販薬は、薬剤師の説明義務がある第一類医薬品です。通販サイトを使うことで、自宅にいても購入できるようになりました。そこで、もし医師の処方箋が無いと買えない薬を、手軽に通販サイトで買えるとしたら便利だと思いませんか?いわゆる医療用医薬品の方が効果が高く、カンジダが再発して治療で使用するのなら、1日でも早く治したいものです。

通販で買える医療用医薬品

実は通販サイトを使うことで、処方箋が無いと買えない効果が高い薬を、ネットで購入できてしまう方法があるのです。日本でも長く処方されているエンペシドなら、通販サイトを使うことで購入できます。しかもエンペシドのジェネリック薬となり、同じ製薬会社のバイエル社から販売されている為、安全性も抜群。しかも料金は安いとなれば、カンジダ治療で使わない手はありません。

通販で買えるジェネリック薬

カンジダ治療で未だに広く処方されていて、安全性も抜群の薬エンペシドのジェネリック薬が「カーネステン」になります。エンペシドと同じ主成分のクロトリマゾールを使用しているため、カンジダ菌への効果もお墨付き。しかもエンペシドと同じ製薬株式会社が販売しているため、効果も安全性も抜群な薬なのです。ジェネリック薬となるため、値段も安く購入できるため、非常にお得な薬と言えます。

ジェネリック薬のカーネステン

非常に優れた薬のカーネステンですが、残念ながら厚生労働省で認可が降りていないため、日本では購入できない薬となっています。しかし、通販サイトを通じて、海外で販売されているカーネステンを輸入することで、自宅で簡単に医師の処方箋が必要な効果が高い医療用医薬品を購入できるのです。特にカーネステン膣錠は、通販サイトやドラッグストアで第一類医薬品を購入するよりも安価に購入できます。そのお値段1箱1,980円。坐剤としての効果は、処方薬のため市販薬より優れています。エンペシドが30年以上も愛用されているだけあって、懸念される副作用も非常に少ない薬です。因みに市販薬のエンペシドLは、効能と安全性が認められたスイッチOTC薬となり、医療用医薬品が一般用医薬品にスイッチした薬の事です。

海外の薬が安い理由

エンペシドのジェネリック薬のカーネステンは、海外向けの薬となっています。いくらジェネリックとしても国内で流通しているエンペシドLより安価で買えるのを疑問に思うかもしれません。

全世界で薬を販売している大手製薬会社は、販売する国の物価に合わせて薬の値段を決めています。当然のことながら、同じ薬であっても物価が高い日本で買うと割高になり、物価が安い東南アジアなどの海外で買うと安くなります。唯一の違いが、説明書が日本語か外国語かどうかです。そのため、海外の薬を通販サイトを通じて購入した方が、日本で保険適用の3割負担で処方してもらって買うよりも安い場合さえあります。特にまとめ買いをすれば、はるかに安価で購入できたりします。

バイエル社のカーネステンは安心

ドイツを代表する大手製薬会社バイエル社が海外向けに販売しているカーネステンは、先発医薬品としてエンペシドで築き上げた薬のノウハウと実績を、ジェネリック薬として安価に購入できるので、世界中でカンジダ治療で使われています。再発しやすいカンジダの早期治療の為に、自宅用の常備薬として多めに保存しておくと、もしもの時にも速やかに対処できます。また、たくさんまとめ買いをすることで、更に安く購入できるメリットもあります。

そのため、もしネット通販でカンジダ治療薬の購入を検討しているのでしたら、市販薬を買うのではなく、カーネステンを通販サイトを使って、海外から購入してみてはいかがでしょうか?

カーネステン膣錠
1箱6錠:1,980円
4.1
内容量…1箱6錠
有効成分…クロトリマゾール(Clotrimazole)
分類…膣錠
製薬会社…バイエル
カーネステン膣錠

本剤を1日1回、就寝前に1錠を膣内の深部へ挿入してください。6日以上の継続使用が一般的ですが、症状によっては使用する日数が増減します。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。

はじめてお薬を購入する方へ
はじめてカンジダ治療薬を購入する方には、カーネステンクリーム1箱とカーネステン膣錠2箱がオススメです。
カンジダはとても再発しやすい病気ですので、常備薬としてご自宅で保管しておきましょう。急な発病時にすぐに治療できるので、早く治す事が可能となります。