カンジダの症状について 男女での症状の違いと検査方法

このページでは、カンジダの症状について解説していきます。
性病と勘違いされやすいカンジダですが実は違います。カンジダは体内、特に皮膚や口腔、膣や性器に寄生している真菌=カビの一種が増殖して発症する病気です。肉体的疲労やストレスが原因となって身体の免疫が低下している際に発症しやすい病気です。女性に多く見られる病気ですが、男性にも発症します。その症状について、詳しく説明致します。

性病と勘違いされやすいカンジダ

カンジダは性器や膣、口腔内に発症する感染症の一種です。性行為によって感染するケースが多く見られるため、性病の一種のように捉えられがちですが、実はそうではありません。そのため、性行為をしていないにも関わらず、このカンジダに感染してしまったことで、人知れず悩んでいる方がいるかもしれませんが、安心してください。
カンジダは体内、特に皮膚や口腔、膣や性器に寄生している真菌=カビの一種が増殖して発症する病気です。どちらかというと常在菌として体内に潜み、肉体的疲労やストレスが原因となって身体が弱って免疫が低下している際に発症しやすい病気です。またステロイド剤や抗生物質を乱用したり、妊娠を契機に症状が現れることもあります。ところが他の性病と同様に性行為などによって患部が接触することで、大切なパートナーに感染するため、性病と勘違いされているのでしょう。
さらに再発を繰り返す可能性の高い感染症で、膣内で増殖することが多く、女性ホルモンの変化などが影響するため、女性の20%が経験するという、女性特有の病気として認識されています。そのため、カンジダに関する知識の少ない男性が自分のパートナーの浮気を疑ったりする原因にもなかねませんので、正しい情報を確認する必要があります。
性行為によって感染を繰り返すため、医療機関で検査や治療を実施する際にも、一人ではなく、パートナーを伴って通院することをお勧めしています。検査は、自覚症状を確認した時点で速やかに行うべきですが、女性と男性とでは自覚症状が大きく違ってきますので、それぞれに注意が必要です。

カンジダの女性特有の症状

【女性特有の症状】
おりものの量が増える
ヨーグルトやチーズ状の白いカスが出る
外陰部に激しいかゆみ
外陰部に痛み
性交痛

女性の場合には、主に膣カンジダに感染するケースが多く、その症状としては、まず、おりものの変化に如実に現れます。豆腐やカッテージチーズのような半固形状の、白くて、パサパサとしたおりものが増えてきたら要注意です。
さらに病状が進んでいくと、膣内や性器の周辺に強いかゆみを感じるようになってきます。さらに患部が熱を持ったり、時には痛みを覚えることもあります。基本的には、患部周辺をきれいに洗浄して、清潔に保つことでカンジダを予防することができます。また、服装にも注意が必要です。女性であれば、通気性の悪い下着や窮屈なガードル、ジーンズなどの着用を避けて、通気性を高めてカンジダ菌が育ちにくい環境を作ることが大切です。

カンジダの男性の症状

【男性の症状】
亀頭周辺に湿疹(赤くなる)
性器のかゆみ
白いカスが出る

男性の場合には、女性に較べると圧倒的に感染者数が少ないうえに、あまり強い自覚症状が現れないだけに、少々厄介だったりします。感染箇所は男性器で、主に亀頭となるため、軽いかゆみやただれ、赤みを帯びて白いかすがでるようになったら要注意です。 また亀頭の表面に水泡があらわれたりもしますが、多くの男性が見過ごしてしまうような小さな症状です。常に性器を監視していなければ気づかない病気です。また他の性病と勘違いされやすく、かかる病院や医局を間違えたら誤診の可能性もあり、治療が長引いてしまいます。もし仮に病症や病変を見過ごしていたとしても、そのうち治まってしまい、体の中で常在菌として住み着くようになると、更に面倒な話になります。 仮性包茎の男性の場合には、亀頭と包皮の間にカンジダ菌が住み着いて増殖し、発症を繰り返す可能性が高くなっています。そのため、常に亀頭周辺をよく洗って清潔に保っておく必要があります。

口腔カンジダの症状

カンジダ症の中には口の中で感染する口腔カンジダという種類の病気もあります。実はカンジダの真菌は、100種類以上あるといわれていて、その中のカンジダ・アルビカンスという菌が口腔内で増殖されて発症します。口腔カンジダには偽膜性と呼ばれるものと萎縮性とよばれる二種類があり、それぞれに症状が違っています。前者は口腔内や唇、頬などに白い苔のようなものが現れます。
もっとも顕著なのが舌です。舌の表面に白い苔のようなものがあらわれますが、ガーゼなどにふき取るとさっととれるのが特徴です。苔状の物体がはがれた後には赤い斑点やただれが見られます。特に痛みは感じられないので、気がつかないままでいると、やがてその白い苔や赤い斑点が口いっぱいに広がってしまう恐れがあります。
萎縮性カンジダの症状は、一般的には口腔内の粘膜が赤くはれ上がります。舌の器官が萎縮するため、一時的に味覚障害を発生したり、義歯を入れている場合には、その下部の粘膜に感染する可能性があります。こちらの萎縮性カンジダの場合には、一般的な口内炎と同様に、触れたり、熱いものを飲んだりしたときに痛みを覚えることがあります。日本では、その多くが前者である偽膜性カンジダへの感染者です。
放置しておくと、苔状のものがはがれやすくなり、肥厚性カンジダ症を引き起こす可能性もあります。この口腔内カンジダも一般的な膣内カンジダや性器カンジダのように、身体の中に菌が潜んでおり、身体が弱っているときに発症します。口腔内のどこかにカンジダ菌があって、例えば口の中が乾いていたり、粘膜が傷ついていたり、口の中が不潔な状態にあって口内炎などの症状を発しているときに、潜んでいた菌が発症する恐れがあります。やはり、口腔内の環境を整えておくこと、常に舌の表面の状態をチェックしておくことが大切です。

カンジダの検査

カンジダ感染の恐れが生じた時には、すぐに医療機関に出向いて検査を行うべきでしょう。特にパートナーがいる人は、性交渉やキスなどを通じて、カンジダ菌を感染させてしまう可能性があるからです。早期発見、早期治療開始は、カンジダに限らず、あらゆる病気にいえる鉄則です。特に感染症は放っておくと、周囲の方に悪影響を及ぼすことは間違いありません。男性の場合には、亀頭周辺に付着している菌を綿棒などで採取して検体として、医療機関で検査します。女性の場合には、性器や膣の状態を調べて菌を採取します。いずれも抵抗がある検査となりますが、例えば上記のような自覚症状を覚え、性行為など感染したタイミングに覚えがあるならば、ここは勇気を出して恥ずかしがらずに検査を行うべきでしょう。
自覚症状がでていない場合にもパートナーに感染する可能性もあります。早めに検査をするのは大切ですが、症状が現れていない場合には、カンジダ症と診断されない場合があります。自覚症状を認めたら素早く検査に向かうのが望ましいです。そのときにはパートナーと一緒に検査に向かった方がよいです。この数週間の内に性行為を行った場合は、ほぼ感染していることは間違いありません。男性の場合には自覚症状が現れないまま、病状が進行する可能性もあります。常に、ちょっとした身体の変化を見逃さないことが大切です。毎朝、鏡に向かって舌を出してみる、性器の変化を見逃さないような習慣を身につけておきましょう。

再発の恐れが高いカンジダ

カンジダは再発の恐れが強い感染症です。完治しないままに放置していたり、自覚症状がないからといって、パートナーと性行為を行っていたりすると、いつまでも治らずに再発を繰り返すようになります。特に糖尿病患者や、免疫が低下している時に、カンジダ菌が活性化して、性器や口腔といった患部から発症し、やがて広がっていきます。
一度、カンジダに感染した事がある人で、特に女性の場合は、カンジダ真菌を増やさない工夫が必要です。特にじめじめした季節は要注意!カビ菌の一種なので、湿気っぽく不潔な環境を好んで増殖します。患部をよく洗って清潔に保ち、通気性の良い下着を履くなど、いつも以上に気をつけることが、再発予防の得策と言えます。

手軽に使えるクリーム
カーネステンクリームの通販
カーネステンクリーム
カーネステンクリームは副作用が非常に少なく、クリームタイプなので患部に塗布するだけと、手軽に扱え効果も非常に高く、ジェネリック薬品なので安価に購入できます。