カンジダの治療方法は薬での治療が一般的!

このページでは、カンジダの治療方法について解説していきます。
膣カンジダの治療法はいくつかあります。女性の場合は、膣の内部が感染面となるため、基本は薬物による治療が中心です。外部であればクリームや軟膏などを塗布するだけで治りますが、内部だと塗布が難しいため、膣内洗浄と坐剤の膣内錠で治療していきます。

自然治癒としては、体内の免疫力を上げることで、軽微な症状でしたらカンジダの活動を抑えることもできます。詳細な治療法について解説していきます。

性病と勘違いされやすいカンジダ

激しいかゆみを伴うカンジダ症は、そのまま放っておいたら、どんどん症状が悪化するばかりでなく、完治しないまま再発を繰り返すことになります。自分自身はもちろん、性交渉を通じて大事なパートナーにも感染する恐れがあります。

カンジダは厳密に言えば、性病ではないのですが、性行為を介して感染するため、もしもパートナーに感染したら、感染源であるあなた自身の貞操観念が疑われる可能性もあります。たとえ、カンジダが性感染症でないことを理解していたとしても、やはり性行為に対する抵抗感が生まれ、そのままセックスレスに陥る可能性があります。

初期症状が発症したら速やかに検査を

もしも、カンジダ症を疑う初期症状が発症したら速やかに検査を行い、治療をはじめるべきでしょう。

検査や治療を実施する際には、ひとりではなくパートナーを伴うべきでしょう。特に男性の場合にはほとんど自覚症状が現れないので、そのまま気づかずに放置される可能性があります。女性だけが治療しても、気がつかないうちにキャリアになっている男性と性行為を行うことで、再びカンジダに感染してしまう可能性があります。

女性の場合はおりものが変化

女性の場合はカンジダ菌への感染が如実に身体の変化として現れます。性器に激しいかゆみが現れ、まるでカッテージチーズのような固形上のおりものが発生します。

このような状態になったら、膣カンジダ感染の可能性が高いです。すぐに治療に入りましょう。

膣カンジダの治療法

膣カンジダの治療にはいくつかの方法があります。基本的には薬物による治療が中心になります。亀頭の表面が患部となりやすい男性や、女性器の外陰部に症状が出ている場合は、軟膏タイプの塗り薬で治療に当たります。患部に薬を塗るだけですので、誰でも簡単に治療ができます。

カンジダの治療に用いるクリームや軟膏は、市販薬もあるためドラッグストアで気軽に購入できます。注意すべき点に、市販薬を使って治療する場合は、カンジダの再発時のみという点があります。頻繁に再発を繰り返すカンジダなので、何度も経験のある方は、市販薬で治療するのが手っ取り早いかもしれません。しかし、初めて症状が出た時や、効果が高い薬で早く直したい場合は、医療機関を受診して医師の判断を受けて治療してください。

膣錠と併用することで早く治る

便利な軟膏タイプのカンジダ治療薬は、皮膚や外陰部症状のみで使用可能となっています。その為、女性の膣内部等の粘膜部分には塗布できません。

もし膣カンジダの症状でおりものや熱感を伴う症状がある場合は、塗り薬だけでなく、膣内に挿入する錠剤や膣座薬を併用して治療する必要があります。外側と内側の両方から治療できるため、治りが早くなります。一般的な膣錠は6日間連続して使用します。治療状況に応じて期間を延長して使用し続けます。

生理中は一旦中止

生理中は薬の使用を中止してください。もし治療中に生理が始まった場合も、薬の使用は一旦中止となります。生理中は、膣内に雑菌などがたまるため、それを外に排除しようという働きがあります。この時に膣錠を使用すると、外に出すべきものを膣内に戻しかねない為でもあります。膣内のカンジダ菌も外に排出されるため、一般的には、生理中はカンジダのかゆみも比較的軽くなると言われます。

生理中にかゆみでどうしても我慢できない場合に、自己判断で薬を使用するのは上記の理由のため止めましょう。かえって治りがわるくなるどころか、悪化する可能性があります。その為、生理中に我慢できないかゆみなどがある場合は、一度医師と相談しましょう。

膣内洗浄も効果的

膣内洗浄は、膣内をきれいにする効果があるため、カンジダの治療中であれば効果的です。必ずドラッグストアなどで販売している、使い捨てのビデで行ってください。トイレのウォシュレットでも可能ですが、衛生面で不安があるため絶対に止めましょう。洗浄の回数は、カンジダの治療中に限り週に1~2回程度で十分です。膣洗浄の代わりに、自宅でも入浴時に低刺激の石鹸を用いて優しくあらって丁寧にすすぐという方法がありますが、あまり強く洗うと膣内が傷つく可能性もあるため注意が必要です。注意すべき点は、膣洗浄はカンジダの治療中に限りオススメです。治った場合や健康な時に膣洗浄を頻繁に行うと、膣自体の自浄作用を低下させるだけでなく、膣内の常在菌のバランスを崩しまうため、他の病気にかかるリスクが増えてしまいます。もし膣内洗浄を行う場合は、カンジダの症状が現れた初期に1度だけ行い、あとは膣錠で治療していく方法がオススメです。

膣の中から治す
カーネステン膣錠の通販
カーネステン膣錠
カーネステン膣錠は副作用が非常に少なく、膣内のカンジダ菌を直接殺菌していきます。膣カンジダ症の治療に欠かせないお薬です。膣の内部から治療していくので、塗り薬だけでは対処できない症状も、カーネステン膣錠でカンジダ退治!どんな場面でも使用できる、膣カンジダの治療に必須のお薬です。

カーネステン膣錠

カーネステン膣錠

膣カンジダ症の治療にはカーネステン膣錠がオススメです。どんな場面でも使用できる、膣カンジダの治療に必須のお薬です。

1箱6錠:1,980円

膣内で感染したカンジダ真菌を死滅させる効果があり、膣カンジダの治療に欠かせない効果的な膣錠です。

評価:4.1
内容量:1箱に6錠
製造元:バイエル
主成分:クロトリマゾール(Clotrimazole)
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
在庫:あり
本日注文すると最短で12月24日(日)に届きます。

男性の治療法と自然治癒法について

男性の場合は患部に軟膏やクリームを塗布して治療を行います。比較的、治癒までの期間も短く、治療を始めてから3~4日で完治する人もいます。ただし、男性の場合は自覚症状が軽すぎるため、治ったかどうかの判断がつきづらいという問題があります。自己判断で完治しないままに通院や治療をやめてしまうと、結局、あとでぶりかえしてしまいます。そのため、完治したかどうかの判断は医師にゆだねた方が良さそうです。

もうひとつの治療法としては、自分の身体の免疫をあげることでカンジダの菌を消滅させる自然治癒法というものがあります。これは軽度な症状の患者に限って適用可能な治療法です。

カンジダが発症する要因のひとつに、体調の悪化による免疫力の低下があげられます。この外部から進入してくる悪質な菌に対抗するチカラ、すなわち免疫力をアップすればカンジダの発症を抑えるだけでなく、軽微なカンジダ菌を免疫のチカラで死滅させるという考え方です。

免疫力を高めるには?

免疫力を高めるためには様々な方法がありますが、一般的にはバランスのよい食事と睡眠、運動など健康的な暮らしを送ることでアップするとされています。クリニックに通院したり、毎日薬を塗ったりする煩わしさを考えるなら、いっそのこと生活を改善した方が良さそうです。

カンジダの治療だけでなく、健康な体を手に入れて免疫力があがれば、様々な感染症に対する耐性ができあがる可能性があります。

自然治癒は軽度のものだけに

カンジダは自然治癒できなくはないですが、比較的軽度のものだけにしておきましょう。カンジダを放置しておくと、どんどん重症化していきます。重度のカンジダの場合、症状がひどく出て完治までに要する日数も長くなります。その為、軽度の症状だからと言って放置せず、できれば速やかに薬を使って治療にあたりましょう。

カーネステンクリーム

カーネステンクリーム

カンジダのつらいかゆみにはカーネステンクリームがオススメです。
手軽に塗れるクリームタイプですので安全性も効果も抜群!

7箱セット:15,960円5,704円

まとめ買いで60%以上割引に!ジェネリック薬なので安価で購入できます。効果も抜群で安全性も非常に高く安心してカンジダ治療にご使用頂けます。

評価:3.8
内容量:1箱30mg
販売価格:2,280円
製造元:バイエル
主成分:クロトリマゾール(Clotrimazole)
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
在庫:あり
本日注文すると最短で12月24日(日)に届きます。

再発した場合の治療法

再発予防には通院だけではなく、市販の薬を塗布しながら自宅療法も可能です。ドラッグストアや薬局で手軽に購入できるため、仕事が忙しくて通院できないビジネスパーソンには手軽に治療ができるため、有益な手段と言えます。

しかし、これは再発した患者に限ります。なぜなら、その自覚症状がカンジダかどうか判断ができないからです。カンジダではない別な感染症や皮膚炎だった場合には、市販薬は効果がないばかりか、的外れの治療を行うことでかえって悪化させてしまう可能性もあるからです。

初診の場合には、必ず病院に行って医師の診断を仰ぐべきです。正しく病状を理解した上で、正しい治療法を施すことが早期治療への近道となることは間違いありません。

カンジダ症の再発時は市販薬もある程度は効果があるが・・・

一度、カンジダ症との診断を受けて、いったん回復したものの再発した場合には、市販薬による治療を試してみるのもよいかもしれません。市販薬は男性にも女性にも効果があるとされる薬が販売されています。

一般的には、「メンソレータムフレディCCクリーム」や「メディトリートクリーム」という薬を用います。共にドラッグストアやインターネット通販で購入することができます。価格は2,000円から3,000円程度。

もしも3〜6日塗っても効果が表れないときには、以前にかかった病院を再訪問して相談をしたほうが良いです。市販の薬ではどうしても効果が限定される恐れがあり、特定された症状に対してピンポイントで効果を発揮しない場合があります。

そもそも、再発したカンジダなのかどうかも自己判断では何とも言い難いです。やはり、面倒でも医師の判断を元に治療に入るのが良いでしょう。

カンジダ治療には適切な薬を

皮膚の病に効果があるとされる薬ならば何でも聞くだろうと考えてはいけません。まったく効果が表れないどころか逆効果となる恐れがあります。

皮膚炎の薬は抗炎症作用がメインの物が多く、中にはステロイドが入っている薬もあります。そもそもこのステロイド入りの薬は、服用し続けることで、口腔カンジダ症を発生させてしまうリスクがあります。

そのため、治療どころかカンジダ症の悪化を招く可能性があります。カンジダ治療には、抗真菌作用のある薬が必要不可欠なので、市販の薬を購入して使用する際には注意が必要です。

カンジダの再発予防

膣カンジダに感染した女性の約半数が再発を経験しています。カンジダ菌は体内に潜んでいる常在菌の一種なので、体調を崩して免疫力が低下したり、ホルモンバランスが崩れた時を狙って患部に発症します。一度キャリアになって、完治しないまま放っておくと、必ずと言っていいほど再発するという恐ろしい病気です。

まずは健康的な生活を送って免疫力を上げてカンジダ菌の繁殖を防ぐべきです。ヨーグルトを食べると免疫力があがるという話もあります。健康的な食品として注目を集めているので、食べてみるのも良いかもしれません。

カンジダ治療には患部を清潔に保つことが重要

清潔を保つために、こまめに下着は交換し、洗濯した後にはしっかり乾燥させてください。

カンジダ菌は湿気を好みます。性器を洗うときには刺激を避けるため、あまり強く石鹸で洗うことは避けましょう。

また、カンジダ菌は腸内にも存在しているので、感染を防ぐために女性の場合にはトイレのあとで前から後ろに拭く習慣をつけた方が良いでしょう。ウォシュレットがあるのであれば大便の際はそれを使っても良いですが、極力、ビデは使用しない方が良いでしょう。感染の可能性を極力排除した方法が無難です。

カンジダの再発予防のために

ストレスを溜め込まない
免疫力を下げない
夏場は特に気をつける
通気性の悪い下着は穿かない
清潔に保つ
女性の場合、蒸れ対策をしっかりとする
膣を洗い過ぎない
カンジダはカビの1種なので、カビ対策を意識すること

カンジダはカビの1種です。体に潜む常在菌ですので、誰でも起こり得る病気でもあります。そのため、健康な体を維持することが、カンジダを防ぐ最大の予防法です。ホルモンバランスも重要な要素となりますので、しっかりと睡眠はとるようにしましょう。それでも再発した場合は、速やかに治療に当たることが大事です。そのためにも、自宅に常備薬として薬を多めに購入しておくと、もしもの時も、すぐに治療開始できるため、早く完治できます。

手軽に使えるクリーム
カーネステンクリームの通販
カーネステンクリーム
カーネステンクリームは副作用が非常に少なく、クリームタイプなので患部に塗布するだけと、手軽に扱え効果も非常に高く、ジェネリック薬品なので安価に購入できます。