カーネステンクリーム(エンペシドクリーム)の効果 カンジダ真菌を死滅させる

このページでは、カーネステンクリームの効果について解説していきます。
日本国内で処方されるエンペシドと同じ効果を発揮し、原因となるカンジダ真菌を死滅させる効果があります。エンペシドのジェネリック薬品となるため安価で購入することができます。カーネステンクリームの効果について、詳しく説明致します。

カーネステンクリーム

カーネステンクリーム

カンジダのつらいかゆみにはカーネステンクリームがオススメです。
手軽に塗れるクリームタイプですので安全性も効果も抜群!

7箱セット:15,960円5,704円

まとめ買いで60%以上割引に!ジェネリック薬なので安価で購入できます。効果も抜群で安全性も非常に高く安心してカンジダ治療にご使用頂けます。

評価:3.8
内容量:1箱30mg
販売価格:2,280円
製造元:バイエル
主成分:クロトリマゾール(Clotrimazole)
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
在庫:あり
本日注文すると最短で11月27日(月)に届きます。

カーネステンが効く理由

カーネステンは効果の高いエンペシドと同様、カンジダ症の原因であるカンジダ真菌=カビを死滅させる働きを持っています。カーネステンには錠剤とクリームの2種類がありますが、カンジダが発症してすぐにカーネステンクリームを塗り始めれば、かなり高い確率で3日~1週間ほどで増殖したカンジダ菌を死滅に追いやります。症状が悪化していると、もう少し治療期間が必要となります。それでも1ヶ月もあれば治ってしまいます。

カーネステンは、カンジダ菌の細胞膜を攻撃することで、菌を死滅させます。主成分であるクロトリマゾールは身体に優しいうえ、効果が高い成分です。多くの医療機関で愛用され、長年の実績を持つ薬であるため、非常に安心し利用することができます。

エンペシドと同じ効果を発揮

カーネステンは、海外ではポピュラーなカンジダ治療薬です。効果の高い薬として知られているエンペシドのジェネリック薬です。ジェネリックはオリジナルの薬の特許期限が切れたことで、まったく同じ効果のある薬が製造できるようになり、それらを総じてジェネリックと呼ばれています。

このカーネステンは、日本では厚生労働省の認可がおりていませんが、オリジナルのエンペシドは認可がおりています。そのためインターネットの通販などを介して、カーネステンは安価に購入することが可能となります。

カーネステンの具体的な薬効

具体的な薬効

カーネステンクリームの有効成分であるクロトリマゾールは、皮膚糸状菌や酵母類、癜風(でんぷう)菌というカビに対して、非常に優れた抗真菌作用があります。クロトリマゾールは真菌細胞の細胞膜や核膜等の膜系構造のリン脂質分子に特異的親和性を持って結合し、細胞膜に必要な栄養素を作る作業を妨害させて、菌を殺す働きをしてくれます。

臨床試験データ

白癬

効能・効果 足部白癬 頑癬 斑状小水
疱性白癬
有効率 70.2% 92.5% 85.4%

カンジダ症

効能・効果 指間糜爛症 間擦疹 乳児寄生
菌性紅斑
有効率 92.5% 90.8% 97.6%
効能・効果 皮膚カンジダ症 爪囲炎
有効率 89.2% 60.0% 92.4%

※引用データ及び参照資料 バイエル薬品株式会社 エンペシドクリーム1%

他の症状にも効果があるエンペシド

もともと、オリジナルの抗真菌薬であるエンペシドは、皮膚に感染するカビに効果を発揮する薬として知られていました。身体にカビの菌が感染することで発症する主な病気に、水虫やいんきんたむしがあります。これらの真菌に直接作用して治療効果を発揮します。

エンペシドのジェネリックであるカーネステンもまた、このような真菌を死滅させ、治療効果を発揮します。カンジダは短期間で完治する病気ですが、体内に潜む常在菌が原因となるため、非常に再発が多い病気でもあります。

実に50%もの高い割合で再発する恐れがあるという調査結果もあるほどです。カーネステンはカンジダ菌の細胞膜を破壊して殺菌するため、比較的早く完治させる効果をもっています。

慢性化しやすい感染症であるため、いざというときのためにカーネステンクリームを常備しておくことをお勧めしています。

カーネステンの効果を高める方法

カーネステンクリームの効果を高めるためには、塗布する患部を清潔にして、乾燥してから塗るようにしましょう。長く効果があらわれない時には医師の相談が必要です。カーネステンクリームは、真菌性の病気に対する効果の高い薬ですが、もしかしたら症状は似ていても、全く違う病気の可能性もあります。似たような症状が現れるけれども、カンジダとは違った性病かもしれません。

早めに正しい病状を把握するためにも、医療機関で検査をして、正しい治療法の指示を受けた方が良いでしょう。

女性の場合は膣錠と併用

女性の場合、膣内で感染するケースが一般的なため、クリームタイプではなく錠剤を使用して治療を進めます。錠剤と併用して効果を高めることで、膣の中と外から治療できるため、一番確実かつ早く治せます。錠剤は膣内に作用し、外陰部のかゆみを抑える目的で、このクリームタイプのカーネステンを使用するというものです。効果の高い薬ですが現在は国内では入手ができません。輸入代行などの手段を用いて、このクリームタイプのカーネステンを手配しましょう。

男性の場合は判断が難しい

男性の場合はクリームタイプのカーネステンを患部に直接塗布して治療します。男性患者は自覚症状も乏しく、そもそも発症しているかどうかも気づきにくい特徴があります。したがって、治ったかどうかもわかりにくい為、薬の効果が十分かどうかの判断も付きません。一般的には症状が治まったら使用を止めても問題ありません。男性の場合は症状が軽い場合がほとんどのため、女性と比べて早く治ります。

手軽に使えるクリーム
カーネステンクリームの通販
カーネステンクリーム
カーネステンクリームは副作用が非常に少なく、クリームタイプなので患部に塗布するだけと、手軽に扱え効果も非常に高く、ジェネリック薬品なので安価に購入できます。