カンジダ治療薬のカーネステン膣錠(エンペシド)について

このページでは、カーネステン膣錠について解説していきます。
カンジダの治療薬としてポピュラーなエンペシドのジェネリック薬品であるカーネステン。その膣内治療用の坐剤がカーネステン膣錠です。カーネステン膣錠について、詳しく説明致します。

カーネステン膣錠

カーネステン膣錠

膣カンジダ症の治療にはカーネステン膣錠がオススメです。どんな場面でも使用できる、膣カンジダの治療に必須のお薬です。

1箱6錠:1,980円

膣内で感染したカンジダ真菌を死滅させる効果があり、膣カンジダの治療に欠かせない効果的な膣錠です。

評価:4.1
内容量:1箱に6錠
製造元:バイエル
主成分:クロトリマゾール(Clotrimazole)
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
在庫:あり
本日注文すると最短で11月27日(月)に届きます。

カーネステン膣錠とは

副作用が少なく安全に使用できるカーネステンは、カンジダの治療薬として非常に心強い存在といえます。

カーネステンは錠剤タイプとクリームタイプのものが存在しますが、女性の悩みの種である膣カンジダの治療には、錠剤が使用されます。

カーネステン自体は、残念ながら日本では認可が下りていない薬なのです。カンジダ治療薬として歴史が古く、非常に効果が高い薬として知られているエンペシドのジェネリック薬です。

先発医薬品と同じ成分配合で、同じ効果が期待できるのにも関わらず、価格が安いということで、海外では非常にポピュラーな薬として広く販売されています。

成分について

カーネステンはカンジダ症の原因であるカンジダ真菌=カビを死滅させる働きを持っています。カンジダ真菌が増殖する段階で働きかけ、細胞膜が作れないようにして菌を死滅させます。主成分であるクロトリマゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、身体に優しいうえ、効果が高い成分です。

しかも即効性があるため、とてもスピーディーに作用してくれるので、多くの女性が悩みを抱えている膣カンジダの治療に力を発揮してくれます。

副作用は?

カーネステンが評価を集める理由のひとつに、安全性があります。他の感染症の治療薬に比べて、圧倒的に副作用が少ないことがわかっています。副作用が少ないカーネステン膣錠は、膣カンジダ症が再発した場合の治療に欠かせないものです。

非常に再発しやすいのが膣カンジダの特徴です。再発の度に医師の診察を受けて処方箋をもらうのは時間も手間もかまってしまいます。再発時は症状もわかっているので、インターネット通販や近所のドラッグストアで薬を購入し、自宅で手軽に治療をすることも可能です。

カーネステン膣錠の副作用の症例

副作用が少ないことで知られるカーネステン膣錠ですが、多少の副作用例もいくつか報告されています。代表的なものとして、患部での熱感やかゆみ、発赤、痛み、発疹などがあげられますが、かなりの少数です。

他の薬と見比べてみても、これほどまでに副作用の報告が少ない薬は見当たりません。もしも上記のような症状がでた場合は使用を中断して、医師にご相談してください。また使用時にはいくつかの注意点があります。妊産婦、授乳中の女性は念のため、医師に相談した上で使用するのが望ましいです。

カーネステン膣錠が効く症状

カーネステン膣錠は非常に殺菌力の強い薬です。多くの女性が悩みを抱えている膣カンジダの治療の際に力を発揮します。

この膣カンジダの源信となるカンジダ菌は、普段は皮膚や免疫部分、身体の消化器官に常在菌として住みついています。免疫力が落ちたり過度のストレス、ホルモンバランスが変化したりすると爆発的に増殖して症状を発症させます。

増殖したカンジダ菌が、腸管を通って広がるため、全身にカンジダ症が起こりえるのです。膣に病変が起こると「膣カンジダ症」になります。膣内部の免疫部分には、カーネステンクリーム等の軟膏を塗ることができないため、基本的には膣錠を膣奥深くに挿入して治療に当たります。膣の中に納まった錠剤がそこで溶け出して、膣内すべてにいきわたり、増殖しているカンジダ菌に直接作用し殺していきます。

膣カンジダは、膣内部だけでなく外陰部や周辺部位にも病状がでていると、クリームタイプの軟膏と併用して治療に当たるのが一般的です。

カーネステン膣錠がオススメの理由

カーネステン膣錠がオススメの理由は、カンジダ治療に非常に効果が高い点が挙げられます。

カーネステンはエンペシドのジェネリック薬なので、エンペシドと同等の効果が期待できます。エンペシド自体、カンジダの治療で一般的に処方される薬ですので、安全性も信頼性も厚生労働省のお墨付きです。そして何より、ジェネリック薬なので、エンペシドよりも安く購入できる点です。

カーネステン膣錠は市販薬より安価に購入できる

何よりオススメの理由が、市販薬で販売されている同じクロトリマゾールを主成分とした膣錠の「エンペシドL」より安く購入できる点です。エンペシドLを日本のドラッグストアで購入すると1箱3,000円前後が相場となっています。しかし、カーネステン膣錠は海外から個人輸入で取り寄せても、1箱1,980円と非常に安価になっています。もちろんカーネステン膣錠は、効果が高い処方箋医薬品のエンペシド膣錠のジェネリック薬となりますので、対カンジダ真菌効果も市販薬より優れています。

再発に備えて自宅にストック

カンジダ症は再発率が高いので、一度カンジダが発症してしまうと、治療の度に何度も薬を使用しないといけません。治療薬を安く購入できるという点は、長いスパンで見ると、最大のメリットと言えます。

しかもカーネステン膣錠は、医師の診察を受けなくても、通販で気軽に購入でき必要量を好きなだけ購入できますので、忙しい方にも普段からカンジダでお悩みの方でも、治療用だけでなく再発に備えた常備薬としても非常にオススメです。

カーネステン膣錠
1箱6錠:1,980円
4.1
内容量…1箱6錠
有効成分…クロトリマゾール(Clotrimazole)
分類…膣錠
製薬会社…バイエル
カーネステン膣錠

本剤を1日1回、就寝前に1錠を膣内の深部へ挿入してください。6日以上の継続使用が一般的ですが、症状によっては使用する日数が増減します。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。

はじめてお薬を購入する方へ
はじめてカンジダ治療薬を購入する方には、カーネステンクリーム1箱とカーネステン膣錠2箱がオススメです。
カンジダはとても再発しやすい病気ですので、常備薬としてご自宅で保管しておきましょう。急な発病時にすぐに治療できるので、早く治す事が可能となります。