性器カンジダ症を徹底解説

このページでは、性器カンジダ症について解説していきます。
カンジダが性器に感染した場合、性器カンジダ症となります。こちらは性感染症(STD)となるため、早めの治療が必要です。性器カンジダ症になる原因とその症状について、詳しく説明致します。

性器カンジダ症の症状について

カンジダが性器周辺に感染した場合に起きるのが性器カンジダ症です。性感染症(STD)の1つとなります。主に女性の膣で発症し、性行為などを介して男性にもうつる病気です。性感染症の為、早めの治療が必要な病気になります。女性の膣で発症するので「カンジダ膣炎」や「膣カンジダ症」とも呼ばれます。

女性の症状

【女性特有の症状】
おりものの量が増える
ヨーグルトやチーズ状の白いカスが出る
外陰部に激しいかゆみ
外陰部に痛み
性交痛

女性の場合には、主に膣カンジダに感染するケースが多く、その症状としては、まず、おりものの変化に如実に現れます。豆腐やカッテージチーズのような半固形状の、白くて、パサパサとしたおりものが増えてきたら要注意です。
さらに病状が進んでいくと、膣内や性器の周辺に強いかゆみを感じるようになってきます。さらに患部が熱を持ったり、時には痛みを覚えることもあります。

男性の症状

【男性の症状】
亀頭周辺に湿疹(赤くなる)
性器のかゆみ
白いカスが出る

男性の場合には、女性に較べると圧倒的に感染者数が少ないうえに、あまり強い自覚症状が現れないだけに、少々厄介だったりします。感染箇所は男性器で、主に亀頭となるため、軽いかゆみやただれ、赤みを帯びて白いかすがでるようになったら要注意です。 また亀頭の表面に水泡があらわれたりもしますが、多くの男性が見過ごしてしまうような小さな症状です。常に性器を監視していなければ気づかない病気です。

性器カンジダ症の感染原因

女性の場合は、体調の変化などによりカンジダが増殖し症状が現れることがあります。性感染症の1つですが、性行為をしていな未成年の女性にも発病します。カンジダの病症が出る原因は、カンジダ真菌自体が、人の体内にいるカビの1種で、体調不良や過労、過度のストレス、抗生物質の服用などから、カンジダが増殖して発病します。女性の膣内でカンジダが増殖した状態で、コンドームを使用しない性行為により、低確率ですが男性の陰部(ペニス)に感染することがあります。
その為、全ての性器カンジダ症が性感染症、所謂「性病」と呼ばれる、性行為が原因で感染する訳では無いですが、パートナーにうつしてしまう可能性がありますので、早めの治療が必要です。

性器カンジダ症の治療法

主な治療法としては、抗真菌薬で治療するのが一般的です。膣内に坐剤を入れてカビを死滅させる方法と、外陰部にクリームを塗ります。男性器と異なり女性器は構造の違いにより通気性が良くないため、菌が増殖し易いのが要因で、女性の方が性器カンジダ症になりやすいと言えます。患者数が圧倒的にすくない男性の場合でも、包茎の人は発症率が高くなります。
また普段からの生活習慣も原因となります。カンジダはカビの1種ですので、通気性の悪い下着の着用による陰部の蒸れや、陰部を不衛生にしている、体調や環境の変化によるホルモンバランスの悪影響、頻繁な性行為による膣内の自浄作用の低下などで、カンジダが増殖しやすい環境になってしまいます。上記の部分を注意するだけでも、発症や再発を抑えることができます。頻繁に再発する人は、一度生活習慣を見直すのも1つの有効な手段と言えます。

手軽に使えるクリーム
カーネステンクリームの通販
カーネステンクリーム
カーネステンクリームは副作用が非常に少なく、クリームタイプなので患部に塗布するだけと、手軽に扱え効果も非常に高く、ジェネリック薬品なので安価に購入できます。